• Contact us
使い方 > クビンスTIP
  • share
タイトル
ジュースについてのQ&A
作成者
クビンス
日付
2011-11-23
クリック数
48697

Q.野菜と果物はどんなものが良いですか?

A. 安全で新鮮であることをまずチェックします。農薬とか重金属などを使っていないこと、
 寄生虫に汚染されてないことなどを確認し、選ぶ際は、つやがあって自然の色が鮮かで
 しっとりとしたものを選びます。

 

Q. 野菜や果物をなぜジュースで飲むと身体によいのですか?

A. 野菜や果物に入っている植物のさまざまな栄養素は私たちの体の免疫力や治癒力を
 高めてくれる卓越した効果があります。 ジュースとして飲むほうが、そのまま食すよりも
 消化吸収が高まるので、植物の皮, 根, 幹, 種などに入っている、
 より多い栄養素を吸収することができるのです。

 

Q. 購入した野菜や果物はどのようにに洗えば良いのでしょうか?

A. きれいな水に大さじで塩3 とレモン汁 1~3 滴を入れて40分位浸した後流水で洗います。
 塩とレモン汁の量は購入した野菜と果物の量によって調節してください。

 

Q.ジュースを搾ったあとで出る、かすをまた活用することができますか?

A.野菜ジュースの後残る「かす」は、スープの材料やがんバーグ、チヂミ、カレー、
 スパゲティソース、鍋などで活用することができます。
 りんごやにんじんはマフィンやケーキに添加することもできます。
 植木の肥やしやペットの餌で使うことも良い方法です。

Q.ジュースは一日にどの位飲めばいいですか?

A. 一般的に新鮮な野菜ジュースは一日最大 960ml, 果物ジュースは 340mlを勧奨すると言います。
  いろいろな種類の、多様な色の野菜や果物を使ったジュースを摂取するのがよいでしょう。  
 普通一般人は朝に 2コップ, お昼に 1コップ, 夕方に 1コップ,
 それて 4コップ位飲んだ方が良いと言われています。

 

Q. 乳児はいつから飲ませると良いですか?

A. 生まれて6ヶ月位が経った後少しずつ飲むようにする方が良いと言います。
  新鮮なジュースの糖分が赤ちゃんの歯を虫歯にする可能性もあるので注意してください。

 

Q. ジュースの作り方(レシピ本)の指示に従ったほうがいいですか?

A. いいえ。レシピ本に記載された作り方は参考例です。 
 ご自分で最適のジュースを楽しみながら見つけてください。

 

Q. ジュースを凍らせても良いですか?

A. はい, 可能です. 一部の栄養素が破壊されますが、ジュースを遣った
 アイスクリームやシャーベットなどを作れば、夏の子供達には最良のおやつになるでしょう。

 

Q. 抗がん患者も野菜と果物のジュースを飲んでも良いですか?

A. Yes 治療中の患者さんがたくさんの量の生野菜を摂取するのは大変です。 
 消化吸収が良くなるジュースにして摂取することで、治療中や回復期の免疫力と治癒力を高めることができ、
 完治が早まることがあると言います. 詳しくは主治医にご相談ください)

 

게시판하단
  • kuvings
  • @ 2011
  • 公式SNSリンク
  • facebook
  • youtube
  • NUCジャパン
  • 支社: 104-0043 東京都中央区湊1-6-2JKHDビル3F
    (株)NUC JAPAN
    Tel 03-5542-0620 E-mail : nucjapan@nuc.co.kr
  • 本社
  • 本社 702-053 大邱広域市北区砧山3洞,679(魯院路 280)
    Tel 82-53-665-5035, 82-53-665-5036 Fax 82-53-353-0438 E-mail nucjapan@nuc.co.kr
  • ライセンス5
  • ライセンス1
  • ライセンス2
  • ライセンス3
  • ライセンス4
  • ライセンス6
  • ライセンス7
  • kuvingsQR